品川寺

ほんせんじ

ご案内

Gallery

江戸六地蔵の一つで東海道の旅の安全を守護した大きな地蔵菩薩があるお寺です。
照山品川寺は、品川左京亮(しながわさきょうのすけ)伝の水月観音・聖観音両菩薩霊像を本尊とし奉り、後花園天皇長禄年間、太田道灌公の創建、後光明天皇承応年間、弘尊上人の中興によるところです。
世々「品川観音」と称せられます。

training
品川寺で体験できる修行

■写経会
筆,墨,半紙等の御用意はございます。
どなたでもご参会いただけます。 |柴灯大護摩・火渡り荒行は、古くから修験道(山伏)に伝わる秘法で、行者は、各家各位の祈願を祈念した護摩札を奉持して火の中に入り「不動の三昧」に住しつつ、信心各位の願いを祈るものです。当山におきましても、江戸時代より続く伝統的な行事でございます。

  • 修行

    初心者でも参加できる座禅会や写経会などを催されています。

  • ご案内


  • スケジュール・お布施

    毎月第2土曜日午後5時半から|毎月第4土曜日午後4時から|毎月第2・第4土曜日午後2時から

  • 写経・書道
  • 火渡り修行

写経・書道

写経・書道

■写経会
筆,墨,半紙等の御用意はございます。
どなたでもご参会いただけます。

  • 体験日時

    毎月18日/13時から護摩修行、14時から写経会

火渡り修行

火渡り修行

柴灯大護摩・火渡り荒行は、古くから修験道(山伏)に伝わる秘法で、行者は、各家各位の祈願を祈念した護摩札を奉持して火の中に入り「不動の三昧」に住しつつ、信心各位の願いを祈るものです。当山におきましても、江戸時代より続く伝統的な行事でございます。