普門庵

ふもんあん

ご案内

Gallery

普門庵は多摩ニュータウンの東端、稲城市の小高い丘に建つ小さなお寺で、臨済宗大徳寺派に属します。
「普門」とは普く門戸を開くという意味で、その名に恥じないようにと「道友会」という会をもち、坐禅会をはじめとして様々な活動を行っております。

training
普門庵で体験できる修行

■【初学者向け】土曜・日曜坐禅会
25分を2回坐り、その後読経(経本は用意してあります)、終わってから茶礼しながらの法話。質疑応答もあります。|■【経験者向け】暁天坐禅会
切れ目無しに6時まで組んでいますので、それぞれの都合のつく時間から参加できます。
土曜日の朝は途中に休憩を入れて、坐る時間を増やしています。 平日は参加できない方、日曜坐禅会では物足りない方にはじっくりとお坐りいただけます。なお第1・第3土曜日はそのまま土曜座禅会に引き続きます。|

  • 修行

    隠形流居合、瞑想などの修行体験ができます。

  • ご案内

    名取市閖上で被災された髙橋温子先生は、ご自身の辛い体験をおくびにも出さず、しっかりと日々を歩んでおられます。 しかも、大石芳野氏の名作『それでも笑みを』に通じる笑顔にお会いすると、こちらが勇気づけられてしまいます。 姿勢など基本から教えていただきますので、どうぞふるってご参加ください。 イス席もありますので、足の痛い方も参加していただけます。どうぞご安心ください。||
    女性も、ご年配の方も安心してご参加いただけます 。|||

  • スケジュール・お布施

    毎週金曜日午後7時より午後9時まで|毎週第一日曜日午後2時より3時30分まで||毎月第二土曜日、午後2時から
    ご志納金 大人1000円・中学生以下500円(被災された方は無料)||参加志納金は1000円です。

  • 坐禅
  • 写経・書道

坐禅

坐禅

■【初学者向け】土曜・日曜坐禅会
25分を2回坐り、その後読経(経本は用意してあります)、終わってから茶礼しながらの法話。質疑応答もあります。

※経験者向けの「暁天坐禅会」も開催しています。

  • 体験日時

    ■毎月第1・第3土曜日/午前7時から
    ■毎月第2・第4日曜日/午前7時から

  • ご確認事項

    ・初めて参加される方は、必ず事前に連絡してください。
    ・中学生以下の参加はご遠慮下さい。

写経・書道

写経・書道

読経: まず、般若心経を一緒にお唱えし、静かに坐って呼吸を調えて机に向い、薄墨で刷られた『般若心経』を一字ずつ筆でなぞっていきます。用紙は用意しておりますので、筆と硯を持参して下さい。なお筆ペンでも結構です。1時間の写経ののちに、写経をご本尊にお供えして、観音経普門品・四弘誓願文をお唱えします。
法話: 日常の様々な場面を切り取っての短いお話です。
茶礼: 一緒にお茶を飲みながらの四方山話です。

  • 料金・御奉納金

    ※納経料はお志で結構です。