天岑寺

てんしんじ

ご案内

Gallery

狭山市沢の天岑寺です。
天岑寺は、徳川家康の関東入国に伴い、田中、峯、沢地区を知行した旗本小笠原太郎左衛門安勝が父小笠原摂津守安元の菩提を弔うために文禄3年(1594年)に開基し、道元禅師から17世の天海盛呑が開山したといわれ、寺号は安元の法名、天岑院殿紹恩居士から天岑寺と命名されたと伝えられています。

training
天岑寺で体験できる修行

■座禅会

  • 修行

    座禅や写経の会を開かれています。

  • ご案内

    作法の説明・準備体操を行った後に止観に入ります。|
    定員20名|定員 20名程度

  • スケジュール・お布施

    毎月最終土曜日 午前10時より|毎月最終土曜日
    参加志納金 300円(祈願料含む)|参加志納金 300円(お茶代・祈願料含む)

  • 坐禅

坐禅

坐禅

■座禅会
毎週日曜日の朝と、水曜日の夜に座禅会が行われています。

どなたでも参加できます。