瑞巌寺

ずいがんじ

ご案内

Gallery

天長5年(828)、慈覚大師円仁によって開創された奥州随一の禅寺で、延福寺と呼ばれていました。
延福の寺号は天台宗の総本山、延暦寺に由来します。正元頃(1259)臨済宗に換わり寺名も円福寺へと改名されました。
現在の建物は、慶長14年(1609)、伊達政宗公が桃山様式の粋をつくし、5年の歳月をかけて完成させたものです。
建築にあたっては、諸国から名工130人を集めたほか、建材も熊野山中から取り寄せるなど、奥州の覇者としての意気込みが伝わります。
造営の縄張には政宗自ら縄頭を執ったことからも政宗が心血を注いだことが窺われ、奥州の覇者としての意気込みが伝わります。

training
瑞巌寺で体験できる修行

伊達家の至宝に囲まれて心静かなひと時を過ごせます。

  • 修行

    毎週土曜日に坐禅会を催されています。

  • ご案内


  • スケジュール・お布施

    毎月第1土曜午後1時~3時|
    壇信徒以外の方は、お茶菓子代として500円をお収め頂きますよう お願い致します。|

  • 写経・書道

写経・書道

写経・書道

伊達家の至宝に囲まれて心静かなひと時を過ごせます。

  • 体験日時

    毎週木曜/午前10時~11時、午後2時~3時

  • 料金・御奉納金

    1000円

  • 所要時間

    1時間