傑山寺

けっさんじ

ご案内

Gallery

白石市南町の傑山寺です。
常英山傑山寺は、慶長13年(1608年)に初代片倉小十郎景綱公が天心智寛大和尚を開山として建立された寺院で、本尊は拈華釈迦如来立像です。
片倉家の菩提寺として初代景綱公始め代々の城主とその奥方、家族が弔われています。

training
傑山寺で体験できる修行

■傑山寺坐禅会
坐禅、住職による法話、茶礼(お茶)

  • 修行

    毎週土曜日に坐禅会を催されています。

  • ご案内


  • スケジュール・お布施

    毎月第1土曜午後1時~3時|
    壇信徒以外の方は、お茶菓子代として500円をお収め頂きますよう お願い致します。|

  • 坐禅
  • 御詠歌

坐禅

坐禅

■傑山寺坐禅会
坐禅、住職による法話、茶礼(お茶)

  • 体験日時

    毎月第1土曜/午後1時~3時

  • 料金・御奉納金

    壇信徒以外の方は、お茶菓子代として500円をお収め頂きますようお願い致します。

  • 所要時間

    2時間

  • ご案内

    坐禅しやすい服装でご来山ください。

御詠歌

御詠歌

御詠歌は難しくはありませんので、誰でも参加できます。左右両手で鈴と鉦を打ち鳴らしながらお唱えしますので、ボケ防止にも効果があるかもしれません。
また、御詠歌は堅苦しいものではありません。傑山寺支部では、会員同士の和合の心を大切にして、和気靄々と楽しみながら活動を続けております。