油山観音 正覚寺

あぶらやまかんのん しょうかくじ

ご案内

Gallery

臨済宗東福寺派で、山号は東油山。
元東油山の座主坊泉福寺。
天平年間(729~748)の西域僧・清賀上人の開基。
元禄7年(1694)の再建時、寺号を正覚寺となりました。
現在では油山観音の名で知られ、聖観音坐像は国指定の重要文化財となっています。
晩秋頃は境内の楓や大銀杏の紅葉が美しいと評判です。

training
油山観音 正覚寺で体験できる修行

■油山坐禅会

  • 修行

    毎月23日に般若心経の写経会、読誦会を行われています。

  • ご案内


  • スケジュール・お布施

    毎月23日午前9時より|毎月23日午後1時より
    500円|300円

  • 坐禅

坐禅

坐禅

■油山坐禅会

  • 体験日時

    随時