海晏山 興徳寺

こうとくじ

ご案内

Gallery

文応元年(1260)鎭西探題北条時定の開創です。
宋より帰国した南浦紹明(なんぽじょうみん、大応国師)が、文永7年(1270)招かれて開山となります。
在住中、元の使者趙良弼(ちょうりょうひつ)と交した詩が残ります。
後、太宰府横岳崇福寺、京都万寿寺、鎌倉建長寺の住持となり、高僧を輩出。その法脈を大応派と称されます。
寺蔵の絹本著色大応国師像は師資相承の証しとして弟子に与えられたもので、徳治2年(1307)の自賛があり、国指定の重要文化財です。

training
海晏山 興徳寺で体験できる修行

■日多会
対象者成人男女、但し小人は同伴者あれば可

  • 修行

    10分でできる心経写経体験を行われているお寺です。

  • ご案内


  • スケジュール・お布施

    藤まつり期間中もしくは事前申し込みにより随時

  • 坐禅

坐禅

坐禅

■日多会
対象者成人男女、但し小人は同伴者あれば可

  • 体験日時

    毎週第2・4日曜午後5時~7時

  • 料金・御奉納金

    会費月500円