東本願寺 同朋会館

ご案内

Gallery

東本願寺同朋会館は、戦後、手入れの行き届かなかった東本願寺のために、全国のご門徒が米と味噌を持参して、泊り込みで境内の清掃奉仕を行ったことを起源とする「奉仕団」のための宿泊施設として建てられました。
今でも、全国から奉仕団の参加者が同朋会館に宿泊し、境内の清掃をし、法話を聞き、それを互いに確かめ合う場として開かれています。

Gallery

宿坊・縁起について

東本願寺は、真宗大谷派の本山であり、京都駅から徒歩7分の位置にあります。
もとは、宗祖親鸞聖人の遺骨を大谷(京都市東山山麓)から吉水(京都市円山公園付近)の北に移し、廟堂(びょうどう)を建て宗祖の影像を安置したことにはじまります。

その後移転を繰り返しますが、1602年に京都烏丸六条・七条間の地を徳川家康から寄進され、ここに新たな本願寺を創立したものが、今の東本願寺の成り立ちです。

東本願寺は、その後四度にわたって焼失しており、現在の堂宇は明治28年(1895)に再建されたものです。世界最大の木造建築物である御影堂をはじめとする諸堂宇は、100余年の経年により屋根瓦や木部の随所に損傷が見られ、現在その修復工事に取り組んでおり、2015年末に完了予定です。

training
東本願寺 同朋会館で体験できる修行

  • 法話
  • 精進料理

法話

法話

説法・法話を行っています。
詳細はお問合せください。

精進料理

精進料理

精進料理を体験できます。
詳細はお問合せください。

  • 坐禅
  • 料理

坐禅

坐禅

座禅体験ができます。
詳細はお問合せください。

料理

料理

精進料理を体験できます。
詳細はお問合せください。