東海坐禅道場

とうかいざぜんどうじょう

ご案内

Gallery

坐禅に興味がある、禅をやってみたい・・・という皆様。
ここではいままで仏教や禅にご縁のなかった方々に対して、伝統的な臨済宗の禅を体験し修行して頂けるように門戸を開いています。
すなわち、坐禅を組んで集中力を付ける修行から、希望すれば正脈の師家に参禅する本格の人間形成の禅の修行まで可能です。

一般社会人の禅修行を在家禅と云いますが、人間禅は日本の最大の在家禅であり、起源は明治8年にさかのぼり、奥宮慥斎・山岡鉄舟・高橋泥舟・中江兆民らが円覚寺の初代館長今北洪川禅師を拝請して始まった参禅会が、今日の人

training
東海坐禅道場で体験できる修行

■摂心会(参禅会)
泊まり込み可能での「禅修行」です。
毎日「坐禅と作務」を繰り返し、夜には師家の「提唱」を聞くこともできます。
開催期間中であれば、数時間の坐禅から参加することが可能です。
開催の1か月くらい前からHPで告知しますので、詳細はそちらで確認できます。

  • 修行

    座禅や梅花講の会を行われています。

  • ご案内

    終了後、茶話会を行います。|

  • スケジュール・お布施

    毎月1回 不定期|毎月2回開催:第2、第4月曜日 午後1時より
    無料|無料

  • 坐禅

坐禅

坐禅

■摂心会(参禅会)
泊まり込み可能での「禅修行」です。
毎日「坐禅と作務」を繰り返し、夜には師家の「提唱」を聞くこともできます。
開催期間中であれば、数時間の坐禅から参加することが可能です。
開催の1か月くらい前からHPで告知しますので、詳細はそちらで確認できます。

  • 体験日時

    2016年度は6月と9月が終了し、あとは11月、1月、3月に予定しています。詳細はHPを参照お願いします。期間中であれば数時間から参加可能です。

  • 料金・御奉納金

    参加費1,000円、食費350円/食、施設利用料500円

  • ご案内

    坐禅しやすい恰好(ジャージなど) 提唱を聞く場合にはジャケットをお持ちください。 宿泊する場合にはタオルや歯ブラシ、歯磨きなどお持ちください。(シャンプーやせっけんは常備しております)