まずは知りたい、宿坊5つのキホン

キホン

お寺や神社で寝泊まりできる、宿坊。
興味はあるけれど、どうやったら泊まれるの・・・・?
普段の旅行と少し勝手が違う宿坊というものに戸惑ってしまうひとも少なくないのではないでしょうか。

宿坊5つのキホンとは、

1.宿坊はお寺・神社です

まず大前提として、観光のための宿泊施設ではないことをお忘れなく。
マナーを守って宿泊しましょう。
また、門限や入浴時間など宿坊独自のルールがある場合も従ってください!

2.予約は直接電話で

宿泊は、直接宿坊(お寺・神社)に電話で予約を入れるのが基本です。
最近では、予約サイトやホームページから予約を入れられる宿坊も増えてきてきました。
電話で伝える内容は、宿泊希望日や宿泊人数、食事など、普段ホテルなどを予約する際に伝える内容とほぼ同じです。

3.支払いは、基本的に現金

宿泊料金の支払いは、現地での現金払いというところが多いですので、留意しておいてください。
領収書を発行していただけるところもありますので、必要な場合はお願いしてみましょう。
また、webサイトからの予約や一部の宿坊では、カードで決済ができる場合もあります。

4.必要なアメニティは持参

宿泊に必要な洗面用具やアメニティ類は持参すると思っておくといいでしょう。

5.体験への参加は自由

朝勤行やその他の修行体験への参加は基本的には自由という宿坊がほとんですが、せっかくなら少なくとも早朝のお勤めには参加をおすすめします。
きっと宿坊ならではの貴重な体験ができますよ。


これらのキホンさえ知っていれば、あとは泊まりたい宿坊を選ぶだけ。

宿坊では、やはり、普通の宿ほど自由はきかないこともありますが、そうは言ってもよほど特別な修行以外は、さほど普通の宿泊と異なることはなく、ほとんど常識の範囲内ですので安心してくださいね。

宿坊の選び方に迷ったら、こちらのページを参考にしてみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

和空編集部

伝統文化の体験や宿坊を中心とした旅の情報が集約する宿坊ポータルサイト「和空」編集部です。宿坊を日本の歴史や伝統文化が凝縮された“和の空間”として捉え、和空(わくう)と命名しました。ひとりでも多くの方に、宿坊を訪れていただけますように。