斎館(羽黒山参籠所)

羽黒山斎館

山形県鶴岡市羽黒町手向字手向7

山形県の西部に位置し、羽黒は古修験道の聖地として歴史に名高い月山、羽黒山、湯殿山からなる出羽三山。「杉並木」「三神合祭殿」などは、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンに紹介されています。

斎館(羽黒山参籠所)

宗旨・宗派

神道

この宿坊の体験メニュー

精進料理

価格の範囲

1泊2食 7,560円(税込)

お支払い方法

現金

電話番号

0235-62-2357

住所

〒997-0292 山形県鶴岡市羽黒町手向字手向7

交通アクセス

【バス利用】
・鶴岡市から庄内交通バス羽黒山行きで50分→終点下車
・表参道の石段を登る場合、又、国宝羽黒山五重塔を拝観する場合は、同バスで随神門下車
【車利用】
・山形自動車道鶴岡ICから鶴岡・羽黒線経由で約10km
・庄内あさひICから約15km
・庄内空港から約30km

宿坊・縁起について

平成17年(2005)3月 鶴岡市文化財指定。羽黒山参道三の坂を登りきると間もなく左手にある。もとは華蔵院といい、元禄10年(1697)の再建である正穏院、智憲院と共に三先達寺院の一つで、羽黒山執行別当に次ぐ宿老の住した寺であったが、明治の神仏分離の際神社の「斎館」として残った。江戸時代には山内に30余坊あったが全て取り壊され、往時の山伏達の住した遺構として今に残る唯一の建物である。

施設・サービス・その他

注意事項

・部屋は完全な個室ではなく大部屋を仕切った部屋がほとんどですのでご了承ください。
・尚、冬期の間、宿泊受付出来ない日もございますので、お電話にて、御確認下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

和空編集部

伝統文化の体験や宿坊を中心とした旅の情報が集約する宿坊ポータルサイト「和空」編集部です。宿坊を日本の歴史や伝統文化が凝縮された“和の空間”として捉え、和空(わくう)と命名しました。ひとりでも多くの方に、宿坊を訪れていただけますように。