四国八十八カ所第23番霊場 厄除けの寺 薬王寺

11046838_1548139792125835_7919233035311461361_o

今回宿泊したのは・・・醫王山 無量寿院 薬王寺

今回訪れたのは、お遍路巡りの第23番札所の徳島県「薬王寺」。高野山真言宗の別格本山でもあり、厄除けの寺院として全国的に有名です。見どころは、本堂に向かう石段「厄坂」。1段ずつお賽銭をあげながらお参りすると身に降りかかる厄難が落ちると言われています。
また、薬王寺のある美波町は海のすぐそばにあり、夏にはウミガメが産卵しにやってくるそうです。

ジュース専門店監修のデトックスジュースでプチ断食スタート

今回参加したのは、お遍路など四国の魅力を伝える活動を行うテンプルステイ主催のプログラム「ぷち断食宿坊」。このプログラムでは、固形の食事の代わりにジュースと水だけを摂り、消化器官を休ませてカラダを浄化させるといったもの。また、からだのデトックスとあわせて「デジタルデトックス」も行い、プログラム中はスマホ・携帯電話の使用も禁止。少し不安を覚えながら、まずは14時に受付とオリエンテーションを済ませ、いよいよ断食がスタートです。

oshiyado1_img4
11026268_1548126238793857_8096156689530534929_o

今回のプログラムで出されるジュースは、地元のジュース専門店「ベジフル」監修のオリジナルレシピ。地元徳島の天然水と旬の新鮮野菜をふんだんに使用していて、最初のジュースはほうれん草や小松菜、バナナなどをブレンドしたグリーンジュース。老廃物を排出し、むくみ改善に働きかけてくれるそうです。
何かとおいしいものの誘惑にかられることが多い日常生活ですが、宿坊にはそういった誘惑が少ないので断食にはもってこいかも・・・と期待が膨らみます。

デトックスジュースのあとは、薬王寺の中をご住職に案内して頂きました。

10317615_1548132175459930_3300971374930456179_o

すごい迫力の襖絵。
普段一般の人は入れないような場所も見ることができ、丁寧にご説明頂きました。

1891370_1548132152126599_8262815675818824296_o

17:30~の夕食までの間、瞑想をしたり、ゆっくりと自分と向き合う時間を過ごします。あいにくの雨でしたが、雨の音に耳を傾け、目を開けると濡れた石畳や草木が美しく、より一層神聖な空気が味わえました。

11070142_1548132138793267_8035081145657332772_o

夕食代わりに二度目のジュースをいただきます

17:30~は早めの夕食。本日二度目のデトックスジュースは、代謝促進効果と自律神経のバランスを整える作用がある人参、トマト、ショウガなどをブレンドしたジュースです。

10857071_1548132422126572_8577308084702258534_o (1)

からだのエネルギーが不足するデトックス中は、からだの冷えを感じることがあるそう。そんなときは、ハーブティーを飲んで、身体が温め、よりデトックス効果を高めます。

1909351_1548140545459093_2063922080155518533_o

ちなみに、このハーブティーは、阿波踊りで有名な阿波の藍をブレンドしたインディゴハーブティー。染料としてお馴染み“藍”は実は食べることができるんですね。
なんでも、その昔、日本は「藍の国」として知られ、その独特の藍色は海外からJapan Blueと呼ばれていたんだとか。中でも阿波の国は(現在の徳島県)日本最大の藍作地帯だったそうです。
そして、江戸時代には薬として食されていたという藍は、抗酸化作用が高くポリフェノールが多数含まれていて、からだの老化予防効果なども期待できます。

天然温泉で心とカラダもほっこり

18:30~は薬王寺の麓にある薬王寺温泉で入浴です。ここの温泉は、硫化水素を含む良質の天然温泉!

main_581

高野山を開いた弘法大師が42歳の厄年に日和佐の医王山薬王寺を開創。山腹から湧き出た霊水を見つけて、病に苦しむ人びとに温浴や薬水として服用することを教え、多くの人を救ったというエピソードから、そのご威徳をたたえて「薬王寺温泉」と名付けられたそうですよ。

お腹がすく前に・・・おやすみなさい

11025923_1548125845460563_8481409512490938562_o

温泉でからだも温まり、22時には温かいふとんで就寝です。お腹がすいて眠れなくなる前に・・・。

護摩行から2日目がスタート

5時半に起床。プログラム2日目の朝は、6時の護摩行からスタートです。
本堂の厳粛な空気に眠気が一気に覚めます。

感謝の気持ちを込めてお掃除

11062368_1548132472126567_916055062423743641_o

護摩行のあとは、お世話になった院内をお掃除します。これも修行の一環。慣れない掃除は結構ハードですが、きれいになった院内を見て、なんだか心もスッキリ。

やさしい味がからだに染み渡ります

掃除を終え、やっと朝ごはん!断食をするうえで重要なのは、実は通常の食事を戻していく回復食の過程。胃をびっくりさせないためにも、徳島名物のソバ米汁をいただきます。久々の食事が身体に染み渡り、幸福の一時でした。

10295412_1548132588793222_1707773871925349753_o
11025219_1548132565459891_3082010218147581787_o

最後に写経で心をデトックス

11034474_1548139225459225_2136333147406624342_o

最後は写経です。
字を書くことに向き合ったのは何年ぶりだろうかと、みんなで真剣に取り組みます。
1枚書き終えたところでテンプルステイ終わりの時間となりました。

11071844_1548139355459212_1180320934246414426_o
10688420_1548139092125905_4079472117543328284_o

今回体験した事は、日々の暮らしでは中々経験出来ない事ばかりでした。
特に、テレビや携帯と離れてみて、自分と向き合う時間というのは本当に貴重で、無意識のうちに情報に埋もれて生活している事を改めて実感させられました。

おかげさまで身体だけでなく、心もスッキリ。大満足の2日間でした。また定期的にリフレッシュしにきたいと思います。

※このプログラムは、テンプルステイジャパンにより企画・実施されたもので、宿坊で毎回体験できるものではありません。プログラムの次回実施日は、テンプルステイジャパンへお問い合わせください。

ABOUTこの記事をかいた人

Templestay Japan

テンプルステイジャパンは、四国の伝統的なお寺に滞在しながら日本の美しい自然の中で修行者たちの静かな日常と日本仏教文化、ならびに日本の伝統文化を体験、少しでも理解頂ければと思い、スタートしたプロジェクトです。 随時、オリジナルのプログラムで宿坊宿泊体験を実施しています。