清澄寺 研修会館

main_452

千葉県鴨川市清澄322-1

静寂な地にある宿坊。
各種体験を通じ、自分自身を見つめ直してみてはいかがでしょうか。

清澄寺 研修会館

宗派

日蓮宗

ご本尊

十界曼陀羅・虚空蔵菩薩

ご利益

智慧福徳

この宿坊の体験メニュー

唱題行、精進料理、写経・筆写、説法・法話

部屋数

22室

チェックイン
チェックアウト

15:00頃
10:00頃

価格の範囲

6,400円(素泊まり1泊)~8,800円(1泊2食)

お支払い方法

現金

電話番号

04-7094-0525

住所

〒299-5505 千葉県鴨川市清澄322-1

交通アクセス

JR外房線 安房天津駅より 市営バスあり
清澄寺下車 徒歩2分

駐車場

あり

宿坊・縁起について

千光山清澄寺はおよそ一千二百年の昔、不思議法師と名付けられた僧侶が、この山の頂から光が発するのを見て山に分け入り、妙見菩薩現れこの山で修行のお告げあり、法師光り輝く柏の木で小さな虚空菩薩を彫り修行したことに始まる。
その後、慈覚大師この地を訪れ、天台宗のお寺となり、しだいに栄えていった。虚空菩薩は、智慧福徳の菩薩として名高く、日本三体の一つとして尊信されている。

鎌倉時代はこのお寺が最も栄えた時期で、僧坊は十二、祠堂二十五を数えた。
室町時代の後半から、たび重なる火災等によりお寺の衰退が始まる。

江戸時代の初め、徳川家康公よりこの山を賜った頼勢法印再興し真言宗となる。幕府より十万石の格式を賜り、京都 醍醐三宝院の関東別院となり、寺紋は菊と五七の桐になる。

明治期に入ると廃仏毀釈により、厳しい時代を迎える。大正期に時の日蓮宗管長長河合日辰猊下、夢枕に虚空蔵菩薩出現し、「聖人の法華経布教事蹟を示したまえ」とお告げを受け、猊下は来山され、これのより銅像建立。さらには、昭和二十四年にこのお寺は日蓮宗に改宗し、管長住職として宗門直轄の大本山として現在に至る。

施設・サービス・その他

館内設備

■大・中浴場 ■信育道場 ■洋式トイレ(男女) ■洗面所

部屋内設備

■内線電話 ■金庫 ■冷暖房
■風呂・トイレ付部屋あり(和洋各1部屋) ■ベット(1室)

備品

■ハンドタオル ■歯磨きセット ■シャンプー ■ボディソープ ■浴衣
■ドライヤー

シャンプー・ボディソープは浴場にあります。(据付け)
和洋各1部屋に風呂付あり

キャンセルの取り扱い

当日キャンセルはキャンセル料を頂戴します。

注意事項

・全館禁煙(指定場所での喫煙可)

フォトギャラリー

ABOUTこの記事をかいた人

和空編集部

伝統文化の体験や宿坊を中心とした旅の情報が集約する宿坊ポータルサイト「和空」編集部です。宿坊を日本の歴史や伝統文化が凝縮された“和の空間”として捉え、和空(わくう)と命名しました。ひとりでも多くの方に、宿坊を訪れていただけますように。