東本願寺 同朋会館

main_603

京都府京都市下京区新シ町121 東本願寺境内南側

東本願寺同朋会館は、戦後、手入れの行き届かなかった東本願寺のために、全国のご門徒が米と味噌を持参して、泊り込みで境内の清掃奉仕を行ったことを起源とする「奉仕団」のための宿泊施設として建てられました。
今でも、全国から奉仕団の参加者が同朋会館に宿泊し、境内の清掃をし、法話を聞き、それを互いに確かめ合う場として開かれています。

東本願寺 同朋会館

宗派

真宗大谷派

ご本尊

阿弥陀如来

この宿坊の体験メニュー

精進料理、説法・法話

部屋数

15

チェックイン
チェックアウト

12:30 集合
13:30 解散

価格の範囲

二泊コース 一般10,000円 学生5,000円
一泊コース 一般 7,500円 学生3,000円
※学生に科目等履修生は含みません。

お支払い方法

現金

電話番号

075-371-9185

住所

〒600-8308 京都府京都市下京区新シ町121 東本願寺境内南側

交通アクセス

京都駅より徒歩7分

駐車場

あり 10台

宿坊・縁起について

東本願寺は、真宗大谷派の本山であり、京都駅から徒歩7分の位置にあります。
もとは、宗祖親鸞聖人の遺骨を大谷(京都市東山山麓)から吉水(京都市円山公園付近)の北に移し、廟堂(びょうどう)を建て宗祖の影像を安置したことにはじまります。

その後移転を繰り返しますが、1602年に京都烏丸六条・七条間の地を徳川家康から寄進され、ここに新たな本願寺を創立したものが、今の東本願寺の成り立ちです。

東本願寺は、その後四度にわたって焼失しており、現在の堂宇は明治28年(1895)に再建されたものです。世界最大の木造建築物である御影堂をはじめとする諸堂宇は、100余年の経年により屋根瓦や木部の随所に損傷が見られ、現在その修復工事に取り組んでおり、2015年末に完了予定です。
詳しくはこちら→http://www.higashihonganji.or.jp/about/history/

館内設備

■法話室 ■食堂 ■集合浴場 ■トイレ ■洗面所 ■自動販売機 ■階段昇降機

部屋内設備

■お茶セット ■布団 ■冷暖房

備品

■シャンプー ■ボディソープ ■ドライヤー

キャンセルの取り扱い

キャンセル料はいただいておりませんが、お早目の連絡をお願いします。

その他設備

貸出用車椅子

フォトギャラリー

ABOUTこの記事をかいた人

和空編集部

伝統文化の体験や宿坊を中心とした旅の情報が集約する宿坊ポータルサイト「和空」編集部です。宿坊を日本の歴史や伝統文化が凝縮された“和の空間”として捉え、和空(わくう)と命名しました。ひとりでも多くの方に、宿坊を訪れていただけますように。