十楽寺

main_622

徳島県阿波市土成町高尾字法教田58

四国霊場第7番札所。龍宮城を彷彿させる朱塗りの鐘楼門が特徴的。中門の先に広がる境内には見事な老松が生い茂り、その中に建つ本堂が風格あるたたずまいを醸し出しています。十楽寺の名は、人間の持つ8つの苦しみをのがれて極楽浄土の10の楽しみを得られるようにとの願いが込められています。本尊の阿弥陀如来座像は弘法大師の作と伝えられている名作。

十楽寺

宗派

高野山真言宗

ご本尊

阿弥陀如来坐像

価格の範囲

7,000円〜

お支払い方法

現金

電話番号

088-695-2150

住所

〒771-1509 徳島県阿波市土成町高尾字法教田58

交通アクセス

JR徳島線「鴨島駅」下車→車で25分
徳島自動車道「土成IC」→2km(車で5分)
第8番へ約4.0km

駐車場

あり 20台

宿坊・縁起について

年代は定かではないが、当寺は弘法大師の開基と伝えられています。寺はもと現在地から3キロ奥の十楽寺谷の堂ヶ原にあったと推定され、阿波の北方切っての広大な大伽藍を誇っていたといわれますが、天正年間、長曾我部氏の兵火にあってすべて焼失し、天保年間(1830~44)現在地に移り再建されましたが、今尚附近に大門原、法教田堂ヶ原などの地名があり、当地の名残りをとどめております。

尚当寺は、昔から盲目の治療に霊験あらたかで、信仰者の中に開眼した例も数多いといわれています。

寺宝として、光高等竜宮真田幸村の茶釜などがあります。

フォトギャラリー

ABOUTこの記事をかいた人

和空編集部

伝統文化の体験や宿坊を中心とした旅の情報が集約する宿坊ポータルサイト「和空」編集部です。宿坊を日本の歴史や伝統文化が凝縮された“和の空間”として捉え、和空(わくう)と命名しました。ひとりでも多くの方に、宿坊を訪れていただけますように。